1人暮らしの女性におすすめ!安全な賃貸物件の探し方

オートロックだけでは万全とは言えない!

お部屋探しの「安全」「防犯」と聞くとまず第一に思い浮かぶのは「オートロック」ですね。住人の許可がないと建物内に入れないのはもちろん、来客も自室のドアの前ではなく、エントランスで一旦対応できるという点も安心できます。しかしオートロックも万全ではありません。住人が行き来するタイミングに合わせれば簡単に出入りできますし、引っ越しがある時は一日中エントランスを開けっ放しにしているマンションもあります。オートロックは防犯面に効果がある一方で、万全とは言えないのです。そこで、オートロックと併せて安全性を高めるためには、部屋探しの際どこに気を付ければいいのかご紹介します。

電信柱のそば、一番上のフロアは要注意!

物件を内見した時はバルコニーもしっかり確認しましょう。この時注意してほしいのは、自分の部屋のすぐ近くに電信柱があるかないかです。「2階以上なら空巣も入ってこない。」と思っている方が多いのですが、実は2階、3階といった低層フロアも非常に狙われやすいのです。電信柱があると、空巣はそこを上って部屋に到達することができます。バルコニーの目の前に電信柱があるような物件は避けましょう。

また、一番上のフロアも危険です。最上階は地上からの侵入が難しい代わりに、屋上からの侵入が容易にできます。

物件を選ぶときは最上階と低層階を避け、真ん中のあたりの階層を選びましょう。もちろん、何階に住んでも窓の施錠はしっかりとしてください。

自衛も大事!自分でできる防犯対策もやりましょう

オートロック、中層階、電信柱なしの物件に住めたからといって、油断してはいけません。

自分で窓に防犯フィルムを貼る、下着類は外に干さない、カーテンを閉めっ放し・開けっ放しにしないなどの自衛もしっかりとしていきましょう。

新札幌の賃貸は、札幌の中心地まですぐにも関わらず安いので、人気が高まってきています。周りの環境も抜群です。