賃貸でのトラブルの種?敷金礼金のアレコレ

敷金は契約している間の保証金

敷金とは賃貸住宅を契約する際に大家に渡す一時金であり、家賃の滞納や部屋の引越しの際の修繕費用として利用されます。一般的には家賃の2か月分もしくは3か月分を前払いで渡すようになっていて、賃貸住宅によっては敷金が設定されていないところもあるようです。

特徴としては「契約終了後に戻ってくるお金である」ところで、修繕費用としてある程度消費はされるものの残ったお金があった場合は返還してもらえます。また大家や不動産会社と交渉して敷金を無料にしてもらえる場合もありますが、基本的に敷金が設定されているところはある程度支払っておいた方が大家も安心して貸し出してくれると考えられているようです。

礼金は謝礼なので戻ってこない

賃貸住宅で敷金とセットで取り扱われているところが多いのが、礼金です。礼金は簡単に言ってしまえば大家に対して賃貸住宅を紹介してくれた(もしくは貸してくれた)謝礼として支払われるものとなっています。そのため敷金と違って契約が終了しても戻ってくるわけではないところが大きな特徴で、最近では無料にされている賃貸物件が多い傾向があります。

その代わり請求される可能性が高いのが、不動産会社への謝礼である「仲介手数料」です。そのため礼金が無料と紹介されている賃貸物件の場合は、仲介手数料がどの程度かかるのか確認しておくのが大切だと言われています。

敷金礼金の注意点とは

最近の賃貸物件は「敷金礼金が無料」と紹介されているものも増えてきています。初期費用をかなり抑えられる点がメリットなのですが、そ多くは退去時に多くの費用がかかると言われています。これは敷金による修繕費用が請求できないための措置で、退去時のトラブルになる場合も少なくないので注意が必要です。

札幌への交通アクセスが便利な菊水の賃貸は、学生さんからファミリー層まで、幅広い年代に人気があります。