コンビニに学ぶ!店舗デザインの方法を知ろう!

コンビニは効率重視の店舗デザイン

店舗デザインの方法を知る上でコンビニの店舗デザインについて理解することは肝心です。コンビニはコンセプトとして気軽に入ってもらって速やかに必要なものを選んで購入して行ってもらうことを目指しています。そのためのレイアウトが作られていて、動線を最小限にできるようになっているのが特色です。入口と出口を共通にしてその付近にレジを用意するという形が基本であり、店内を回ってくると出入口とは遠い側のレジにまず辿り着けるようになっています。細かく通路を作ることによって目的の場所に到着しやすくしてあるのもコンビニのレイアウトの特色です。売れるものほど入口付近に用意し、客の回転をできるだけ早められるようにしてあります。このような効率重視の店舗デザインをしてあるのがコンビニなのです。

効率重視にするメリットとデメリット

コンビニの店舗デザインを基準にして考えると、自分の店舗をデザインする上で何を重視すべきかがわかります。効率重視で店舗デザインをするとお客が買いたいものをすぐに買えるという魅力があるため、欲しいものがあるお客が入りやすくなるのがメリットです。しかし、目的のものが簡単に手に入るためについでに色々なものを買うということはあまりありません。お客一人あたりの売上高は少なくなるのがデメリットなのです。また、狭い店舗内にできるだけ多くの商品を詰め込むようにレイアウトするのがコンビニの基本ですが、結果として窮屈感を出してしまってお客があまり長居をしなくなります。お客の数を稼ぐには優れていますが、大量購入を期待するのが難しいのがコンビニの店舗デザインなのです。

店のデザイン・設備そのための工事を行うことを店舗の内装といいます。訪れる客に与える雰囲気や機能性などが重視されます。